読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津島 曜一郎

ドイツ人

渡辺曜は、内弁慶だったのだ

 最初は、明るい人だと思っていた。いや、実際に明るい人ではあった。
 練習中や、衣装作りの時にも話しかけてくれて、引っ張っていってくれる。良くも悪くも体育会系といった感じの、おおよそ第一印象の通りだ。
 しかし、見てしまった。ある休日になんとなく街をブラブラしていたら、見てしまったのだ。たまたま後ろ姿が見えたので、声をかけようと近づいた。が、どうやら1人ではなく母親と一緒にいるようで、少し躊躇って足を止めた。
 次の瞬間、彼女は母親に対して罵声を浴びせたのだ。いつもの姿からは考えられない行為だったが、それを見た瞬間、これが彼女の本性だと理解した。
 渡辺曜は、内弁慶だったのだ……。