読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

津島 曜一郎

ドイツ人

小原鞠莉理事長

教員免許を取り、教師として実績を積み重ねる必要のある校長と違い、理事長になるのはそういうのはいらないらしい。自分で学校を作ったり、学校に自分を売り込んだり、経営難の学校に出資をして、理事会で選ばれれば特に免許等は必要ない。教員ではなく経営者になるわけだから、社長のようなものだという。

アニメで鞠莉が浦女の理事長になっている。統廃合がほぼ決まりかけている高校で、しかも以前からかなりの額支援している小原家の娘の頼みということで決まったと考えられるが、いくら何でも18歳の小娘、しかも現役の生徒をはいそうですかと理事長にするだろうか。
いくら親が多額の出資をしてくれてるとはいえ普通では考えられないが、そこは金持ちの小原家。理事会に個人的なマネーを渡しているはずだ。さらに世界中にホテルチェーンを展開していることを生かして「家族旅行でも」と好きな国のホテルのスウィートルームを選ばせれば落ちない人はいないだろう。それ以外の旅費も個人的に渡されたマネーを使えばいいわけだし。
後は前理事長の再就職先とか書類手続きなんかをパパッとやって、終わり!
はい、小原鞠莉理事長の誕生です。
理事長を始め、老舗旅館の娘、ナショナルレベルの飛び込み選手、壁ドンレズ、旧網元の娘で生徒会長とその妹、寺の娘、生主、アスリートを揃えるスクールアイドルグループ、強い。

ラブライブ! 理事長」というと思い出すのが、国立音ノ木坂学院を廃校寸前まで追い込んだ例のアレがいるが、そもそも国立なのに理事長っておかしくない?ってわけで彼女は理事長ではないと考えられる。じゃあ一体何だろうね。