娯楽解放同盟

主にラブライブ!シリーズに関係する怪文・珍文置き場

コミケ参加レポ

入稿まで

2018年になってから、今年こそは何か成し遂げようと思い、絵を本格的に描くことにした。その延長でコミケにも本を出そうと申し込んだらなんかあっさり当たってC94に参加することになったけど、計画では今回は外れてじっくり描いたのを冬に、と考えていたからちょっと焦った。

まあ当落発表から各印刷所の締切はそこそこ期間があるから余裕だな〜とダラダラ作業してて、謎のこだわりとかが出てきてペン入れまでいってたのに下書きからやり直すみたいなこともやってたら気づいたら締切の1週間前に下書きしか終わってない状況になった。何もしてないのに予定が崩れた。流石に焦り始めて。行くか迷ってた沼津夏まつりや8耐をキャンセルして家にこもって作業した。両方とも台風で終わったけど。

7/28に入稿するつもりだったが当然間に合わず、8/2まで延長するも間に合わず、8/3にさらに延ばして結局入稿したのは4日の朝。初参加で早速課金して締切を延ばす。計画性の無さが出ている。この日はWake Up, Girls!のライブがあったけど、このせいで遅刻した。

 

2日前

何も用意してないのに気づいて急いで百均で色々買った。急いでたので写真を撮ってない。

 

前日


f:id:y45:20180813003138j:image


f:id:y45:20180813003152j:image


f:id:y45:20180813003200j:image


f:id:y45:20180813003228j:image

猫カフェで遊んでた。

 

当日

8時に手伝ってくれる人と駅前集合。で、入場。すでに暑かったけど武道館よりマシ。

 

f:id:y45:20180813001747j:image

外貨の準備OK。

 

f:id:y45:20180813001519j:image

設営完了。

でもいろいろ抜けていて開場してからもいろいろやってた。

 

f:id:y45:20180813001654j:image

サークル名がどこにもないというのに気づいて急いで紙に書いて貼り付けたやつ。

f:id:y45:20180813001813j:image

最終的なレイアウト。

 

視線は感じるけど、その割に手に取ってくれる人は少なかった(初参加にしては手に取ってくれる人もそれなりに多かった方だと思うが、視線は何倍もあったのでそう考えると少ない)。

 

40部刷って予備が4部。運営への提出1部とサンプルに1部。自分の保存用に1部で開場時には41部。

15時30分くらいに帰るまでの間に20部売れたので21部余り。予想よりもすごく売れて嬉しかった。

来れなかったけどどっかの書店に委託されるなら欲しいという人も何人かいたので今はその申請とかやってる。

 

表紙

f:id:y45:20180813002549p:image

1本目

f:id:y45:20180813002657p:image

f:id:y45:20180813002703p:image

2本目

f:id:y45:20180813002719p:image

3本目

f:id:y45:20180813002742p:image

f:id:y45:20180813002828p:image

この3本立て。

多分通販でも500円だけどハッキリとは言えない。とにかくツイッターとかで報告するんで。

 

おまけ


f:id:y45:20180813003432j:image

サークル名 N/R/F


f:id:y45:20180813003446j:image

サークル名 すばらしき青空の会

 

2つとも絵が好きだね。

 

終わり

Aqoursライブ批評

今まで参加したAqoursのライブについて書く。アニサマ等は書かない。

 

Aqours First LoveLive! 〜Step! ZERO to ONE!!〜

Day1 93


Aqoursというグループの1stライブとしても、普通のライブとしても満足できるライブだった。個人的にアニメの寸劇再現があったのはムムムだったが、今となってはあれもあれで減点対象になるほどではなかったと思う。別に好きではないけど。

ユニットコーナーでトップバッターがCYaRon!でまだ立ち上がっていないところに元気全開DAY! DAY! DAY!のイントロが流れてきて高まった勢いで前に転がり落ちそうになったり、円盤曲はないと思ったところでアンコール後いきなりPops heartで踊るんだもんが流れて勢いで前に転がり落ちそうになったりと何度か死にかけたライブは初めて。

想いよひとつになれのピアノ演奏は心にくるものがあり、さらに想いよひとつになれのことが好きになった。

1stライブの初日に行けたのは本当に良かった。もし行ってなかったら今もずっと引きずっていただろうし、それくらい良いライブだった。3rdライブツアー埼玉公演を終えた時点だと、未だにこのライブがAqoursの最高傑作だと思う。

 

Day1セットリスト

1.青空Jumping Heart

2.恋になりたいAQUARIUM

3.Aqours☆HEROES

4.決めたよHand in Hand

5.ダイスキだったらダイジョウブ

6.夢で夜空で照らしたい

7.元気全開DAY! DAY! DAY!

8.夜空はなんでも知ってるの?

9.トリコリコPLEASE!!

10.ときめき分類学

11.Strawberry Trapper

12.Guilty Night, Guilty Kiss!

13.未熟DREAMER

14.想いよひとつになれ

15.届かない星だとしても

16.MIRAI TICKET

17.君の心は輝いているかい?

EN1.Pops heartで踊るんだもん!

EN2.ユメ語るよりユメ歌おう

EN3.Step! ZERO to ONE

 

 

 

 

Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR
名古屋Day1 85

神戸Day1 90

埼玉Day1 86

埼玉Day2 83

総合 89


3rdシングルのHAPPY PARTY TRAINを引っさげて3都市を回るツアーで、どの公演も良くできていた。円盤特典曲や埼玉でのデュオトリオ、ユニット2ndシングル等、初披露曲が多い。

名古屋・神戸はどちらも1日目のチケットだったが、名古屋2日目のセットリストを神戸1日目にやってくれたので、上手いこと聴きたい曲を逃さず聴くことができた。このツアーで全日披露されたDaydream Warrior→スリリングワンウェイの流れは秀逸で、困ったらこのコンボを使えば大抵の人は盛り上がると思う。

神戸の点数が高いのは、基本点が高いセットリストに、CYaRon!のP.S.の向こう側が歌われたことが要因。個人的な好みだが、これは個人的な批評記事なので問題ない。

埼玉ではガラッとセットリストが変わり、デュオトリオソングを入れてきた。学年曲はなくなったが、ちゃんとユニットの曲も入れていて曲数の割に満足度は非常に高かった。Day2のアンコール最後のLanding action Yeah!!は、1stのPops heart同様歌われると思っていなかった曲のイントロが突然流れ出しとても良くて、こういうサプライズはどんどんやってほしい。ファンミーティングのチケットは千葉のものしかなかったのでその前にLaYが聴けて本当に嬉しかった。

Day1は金曜日ということもあってか2000円ほどで拾えたのも良かった。この値段であのセットリストを聴けたし、席も隣2席が空席で広かったので人生で一番お得なチケットだったと言える。

ひとつ挙げるとすれば、MCが冗長というのがこのツアーから目立ち始めた気がする。作家がいるのか、完全にキャストに任せているのかは知らないが、改善すべき点だろう。

 

名古屋Day1セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN

2.Pops heartで踊るんだもん!

3.少女以上の恋がしたい

4.空も心も晴れるから

5.Waku-Waku-Week! 

6.G線上のシンデレラ

7.恋になりたいAQUARIUM

8.Daydream Warrior

9.スリリングワンウェイ

10.近未来ハッピーエンド

11.海岸通りで待ってるよ

12.GALAXY HidE and SeeK

13.INNOCENT BIRD

14.コワレヤスキ

15.Shadow gate to love

16.青空Jumping Heart

17.SKY JOURNEY

18.君のこころは輝いてるかい?

EN1.サンシャインぴっかぴか音頭

EN2.太陽を追いかけろ!

 

神戸Day1セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN

2.Aqours☆HEROES

3.少女以上の恋がしたい

4.空も心も晴れるから

5.Waku-Waku-Week! 

6.G線上のシンデレラ

7.恋になりたいAQUARIUM

8.Daydream Warrior

9.スリリングワンウェイ

10.P.Sの向こう側

11.海岸通りで待ってるよ

12..LONELY TUNING

13.INNOCENT BIRD

14..Guilty eyes fever

15.Shadow gate to love

16.青空Jumping Heart

17.SKY JOURNEY

18.君のこころは輝いてるかい?

EN1.サンシャインぴっかぴか音頭

EN2.太陽を追いかけろ!

 

埼玉Day1セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN

2.届かない星だとしても

3.少女以上の恋がしたい

4.夏への扉 Never end ver.

5.真夏は誰のモノ?

6.地元愛満タン☆サマーライフ

7.夏の終わりの雨音が

8.未熟DREAMER

9.恋になりたいAQUARIUM

10.Daydream Warrior

11.スリリングワンウェイ

12.P.Sの向こう側

13..LONELY TUNING

14..Guilty eyes fever

15.青空Jumping Heart

16.SKY JOURNEY

17.MIRAI TICKET

18.君のこころは輝いてるかい?

EN1.サンシャインぴっかぴか音頭

EN2.太陽を追いかけろ!

EN3.ユメ語るよりユメ歌おう 

 

埼玉Day2セットリスト

1.HAPPY PARTY TRAIN

2.Pops heartで踊るんだもん!

3.少女以上の恋がしたい

4.夏への扉 Never end ver.

5.真夏は誰のモノ?

6.地元愛満タン☆サマーライフ

7.夏の終わりの雨音が

8.未熟DREAMER

9.恋になりたいAQUARIUM

10.Daydream Warrior

11.スリリングワンウェイ

12.近未来ハッピーエンド

13.GALAXY HidE and SeeK

14..コワレヤスキ

15.青空Jumping Heart

16.SKY JOURNEY

17.MIRAI TICKET

18.君のこころは輝いてるかい?

EN1.サンシャインぴっかぴか音頭

EN2.太陽を追いかけろ!

EN3.Landing action yeah!! 

 

 

T-SPOOK Aqours スペシャルライブ

88

 

フェス系は省くつもりだったけど、これは本当に良いライブだったので書くことにした。

 

T-SPOOKというハロウィンイベントのライブステージで行われた30分のライブ。しかし満足度は通常のライブと勝るとも劣らない素晴らしいものだった(ライブ前にあったパレード時にかなり近くでメンバーを見ることができたというのもあるが)。

30分なのでもちろん曲数も少ないが、最初からわかっていたことなので特にガッカリではなかったし、むしろ予想以上に多く歌った。未来の僕らは知ってるよはTVサイズだったとはいえ、6曲も歌っている。

この日の天候は雨で、野外だったのでどうなるかと思ったが、ライブ中はあまり降っておらず素直にライブを楽しめていた。しかもアンコールの届かない星だとしてもの、盛り上がりが最高になったところでタイミング良く気持ちいいくらいの雨が降り出して、結果的に最高の演出になっていた。言葉で説明するのは難しいが、とにかく最高に気持ちよくなった。これ以上の届かない星だとしてもを聴くことはできないんじゃないかというほどだった。

 

セットリスト

1.未来の僕らは知ってるよ(TVサイズ)

2.HAPPY PARTY TRAIN

3.Daydream Warrior

4. SKY JOURNEY

5.恋になりたいAQUARIUM

EN1.届かない星だとしても

 

Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING ~Landing action Yeah!!~
千葉Day1 75

千葉Day2夜 78


トークパートは特に珍しいこともなく無難。

ライブパートはテーマソングのLanding action Yeah!!やDW→スリリングワンウェイの流れ、投票で歌う曲を決める等、そこそこ満足できた。最後のお見送りもオタク特有の「ライブ中目があった」ではなくちゃんと目があい、これぞファンミという感じで良かった。

ただ、お見送り以外の部分が他のライブよりも印象が薄い。まあファンミなので……。

 

千葉Day1セットリスト

1.Landing action Yeah!! (Short ver.)

2.未来の僕らは知ってるよ (Short ver.)

3.恋になりたいAQUARIUM

4.Daydream Warrior

5.スリリング・ワンウェイ

6.青空Jumping Heart

7.ハミングフレンド

8.待ってて愛のうた

9.Landing action Yeah!! 

10.勇気はどこに?君の胸に! (TVサイズ)

 

千葉Day2夜セットリスト

1.Landing action Yeah!! (Short ver.)

2.未来の僕らは知ってるよ (Short ver.)

3.恋になりたいAQUARIUM

4.Daydream Warrior

5.スリリング・ワンウェイ

6.青空Jumping Heart

7.ハミングフレンド

8.届かない星だとしても

9.Landing action Yeah!!

10.勇気はどこに?君の胸に! (TVサイズ)

 

 

Saint Snow PRESENTS LOVELIVE! SUNSHINE!! HAKODATE UNIT CARNIVAL

Day2 70

 

タイトルからわかるように函館で行われたユニットのライブ。
演者のパフォーマンスやSaint Snowの曲、ユニットの1stシングル等を聴けたのはとても良かったが、Awaken the powerを歌わない、曲数が少ない等、減点ポイントが多い。特にAwaken the powerを歌わなかったのは理解できない。3rdライブツアーをアニメ2期をなぞっていくライブにするからそこで初披露にしたかったのだろうが、ならばこのタイミングでユニットカーニバルを、しかも函館でやらなければよかったのではないか。アニメで函館で歌われた曲で、しかも申込券を封入したCDの表題曲を歌わないと誰が思うんだ、何を考えて歌わなくてもいいと判断したのか、未だに思い出すと怒りがこみ上げる。

ユニットライブなので〜というのなら、最後に歌ったユメ語るよりユメ歌おうはなんだったのか。それがなければまだユニットのライブだからと多少怒りも抑えられた(山火事にコップの水をかけるようなものだが)。

2ndからの冗長MCが酷くなっていた気がする。さらにライブビューイング会場と中継が繋がっているとか……よくわからん関東の劇場ライブビューイングに集まったオタクと声優じゃなくて、函館アリーナで開催されているライブを見に行ったんだから、余計なことするのはやめてほしい。「遊びじゃない」を強調していたが遊んでるのはどっちだよ。

長いMCと中継のせいか、2時間以上のライブで曲数は13。1曲5分としても65分。半分以上トーク。本当にこれでいいのか?運営は。

 

Day2セットリスト

1.DROPOUT!?

2.CRASH MIND

3.トリコリコPLEASE!!

4.GALAXY HidE and SeeK

5.INNOCENT BIRD

6.元気全開DAY! DAY! DAY!

7.近未来ハッピーエンド

8.海岸通りで待ってるよ

9.Strawberry Trapper

10.コワレヤスキ

11.Shadow gate to love

12.SELF CONTROL!!

13.ユメ語るよりユメ歌おう(11人)

 

 

Aqours 3rd LoveLive! Tour ~WONDERFUL STORIES~
埼玉Day1 60

埼玉Day2 35

 

間違いなく今までで一番レベルの低いライブ。これを続けるようならば、まともなファンは減っていく一方だろう。

先に良かったところを言っておくと、やっぱり楽曲は良いものが多い。振り付けも良い動きが多かった。ただMIRACLE WAVEのバク転は僕は否定派です。ハイリスクノーリターンとしか思えない。

まあ、これくらいですかね……本当にこれくらいしか良かったと言えるところがない。演出も良くなかったし。もっと言うと楽曲も音源被せが多くなった気がする。多くなったというかわかりやすくなったというか……。鈴木愛奈は流石だったけど。

まあ、悪いところはいっぱいあって、まず両日共にとにかくテンポが悪い。アニメの流れに沿って進めていたが、そのアニメの出来の悪さにテンポの悪さが付随してハッキリ言って興醒め。曲は良かったのに、曲の間に頻繁にアニメを流して上がったテンションをいちいち下げられる。新衣装が多く、その着替えに時間がかかるのはわかるが、だからといってあんなに待たせられては困る。休みたい、楽したいだけだと勘ぐってしまう。曲数は2ndとほぼ同じだが、ここまで満足度が違うのは明らかに構成の問題だろう。1stや2ndと変わったのか、同じ人なのか、誰がやっているのか、複数人で決めているのか、何も知らないが、今回関わった人間はライブとは何かを一から勉強してほしい。

2日目にSKY JOURNEYと恋になりたいAQUARIUMを変更しなかったのも理由がわからない。アニメと深く関わっているわけではないし、頻繁に披露している2曲なのに。ここも手抜きと思われるポイントだろう。関係ない曲も歌うなら、もっと曲数を増やして間のアニメを減らすなりしてほしかった。一貫性がないんだやってることに。

MCも同じ内容で、""セリフ""を読んでいる感じで、本当はそう思ってないんじゃないかと思ってしまうところも多々あった。

初日にいきなり4thライブや4thシングルの情報を出した時は驚いた。この驚いたは悪い意味合いの方が強い。ナンバリングの3rdライブツアーの全体の1日目で次のライブがあります東京ドームですと発表するのは、どう考えてもおかしいだろう。僕はこの3rdライブツアーのチケットを取るために、現地へ行く・宿泊のために、少なくない金を出しているのに、初っ端からすぐに次のライブがあるので〜と言われ、まるでこのライブツアーは前座ですよと言われているようで不快感とも取れる感情が沸いた。ブルーレイにシリアルをつけるからなんだろうが、そんなそっちの金儲けの都合でせっかくのライブを壊すのはやめてほしい。

2日目にも全く同じ内容の情報をさも初出しですという感じで出していた。いや公式ツイッターでもツイートしてただろ。馬鹿か。何から何まで同じ情報で、呆れ果てた。どうしても発表したかったとしても2日目に発表で良かったのでは……。

3時間30分のライブで曲数20。1曲5分として1時間40分。残り1時間50分は何やってたんでしょうね。

 

埼玉Day1セットリスト

1.未来の僕らは知ってるよ

2.君の瞳を巡る冒険

3.“MY LIST” to you!

4.MY舞☆ TONIGHT

5.君のこころは輝いてるかい?

6.MIRACLE WAVE

7.One More Sunshine Story

8.おやすみなさん!

9.in this unstable world

10.Pianoforte Monologue

11.空も心も晴れるから(9人)

12.SKY JOURNEY

13.恋になりたいAQUARIUM

14.Awaken the power

15.WATER BLUE NEW WORLD

16.青空Jumping Heart

EN1.Landing action Yeah!!

EN2.勇気はどこに?君の胸に!

EN3.WONDERFUL STORIES

 

埼玉Day2セットリスト

1.未来の僕らは知ってるよ

2.君の瞳を巡る冒険

3.“MY LIST” to you!

4.MY舞☆ TONIGHT

5.君のこころは輝いてるかい?

6.MIRACLE WAVE

7.Beginner’s Sailing

8.RED GEM WINK

9.WHITE FIRST LOVE

10.New winding road

11.さかなかなんだか?

12.空も心も晴れるから(9人)

13.SKY JOURNEY

14.恋になりたいAQUARIUM

15.Awaken the power

16.WATER BLUE NEW WORLD

17.青空Jumping Heart

EN1.Landing action Yeah!!

EN2.勇気はどこに?君の胸に!

EN3.WONDERFUL STORIES

 

 

おわりに

3rdライブツアーの途中という中途半端なところでこれを書いたのは、その3rdの埼玉の出来が酷すぎてどこかに書かないと気持ちが収まらなかったから。書き終わったら悲しみしか残らず、内容も怒りんぼ大会で負のオーラが強すぎたので、1stや2nd等の良かったライブの感想も入れてバランスを取った。過去のライブをじっくり思い出す時間を取れたのは良かった。ただ、時間がかなり空いているので思い出補正というかそういうのは多少あると思う。

キャスト個人個人や各曲の良かったところを挙げていくとキリがないので省いてます。

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 浦の星女学院RADIO!!! 第101~103回

パーソナリティが変わったので。

 

 

第101回

 

オープニング

・開始早々の降幡愛 00:15~

メンバーが変わって初回だから気合を入れていたのかテンションが異常。ここはアリーナ席だとかわけのわからんことも言い出して異常。フリハタアイズムが光るシーン。他の2人は若干引いてた。

 

浦の星女学院 投書箱のコーナー

オタクの書いたおもしろ0のはがきが延々読まれるコーナー。おもしろが0すぎる。

ツッコミ不在なのでは?というはがきが無限に届いていましたという報告とファンミ千葉の感想の紹介、3人の愛称を考えたはがき(おもしろ0)が紹介された。おもしろ要素はなかったけど、声優のライブの感想を聴いたりするのは良いのでまあ良い。

 

Landing action Yeah!! / Aqours

 

スクフェスチャレンジ

早口言葉を言うコーナー。そうですかという感想。

 

お知らせ

お知らせだった。

 

エンディング

エンディングだった。

 

総合

初回ということで独自のコーナーもなく、ライブのすぐ後ということもあってそれの感想はがき紹介、3人の愛称を決めたいので候補を紹介する。それらに時間を割いて特に何もないまま終わるという声優ラジオらしい初回だった。初っ端の降幡愛のアレがなかったらと考えると……。

というわけでまとめると「初回だしまあそうか」です。

 

 

 

第102回

 

オープニング

・斉藤朱夏は花粉症が酷い 2:28~

小林愛香が春は花粉症でつらいと言うと私も0才から花粉症だという斉藤朱夏。0才のときに病院で花粉症と診断されたエピソードを語る。良いですね。あまり鼻声っぽくないが自分の中では鼻声らしい。

奥に鼻水がたまっているからン˝ッン˝ッとよくやっていると降幡愛に指摘され、小林もコーッとやってると便乗。良いですね。その小林愛香は喉が痒くなる症状らしく、できることなら腕を突っ込んで掻きたいとのこと。降幡愛は目にクるタイプで取り出して洗いたいと。三者三様という感じ、良いですね。

 

浦の星女学院 投書箱のコーナー

例のおもしろ0コーナー。愛称候補が続々届いているらしくいろいろ紹介されるが、こっちは激なんでもよくないすか状態なので眠くなる。楽屋の裏話をバラしてというはがきがあり、複数人が楽屋でポッキーゲームをやったというのとそのときに斉藤朱夏がギリギリまで近づけたがるという情報が引き出せていたのでそれは良かった。言えない話もいっぱいあるらしくすごく聞きたい。どういう理由で言えないのか気になる。

 

勇気はどこに?君の胸に! / Aqours

 

スクフェスチャレンジ

早口言葉を言うコーナー。はいという感想。

 

僕の私の頑張ルビィ

頑張ったこと頑張りたいことを送って頑張ルビィと言ってもらうコーナー。新コーナーではあるけど基本オタクのはがきを読んで頑張ルビィって言うだけなんではがきの内容が大事。つまりオタクのおもしろ0のはがきではおもしろくなる可能性が低い。残念。

 

・斉藤朱夏は逆立ちをよくする 26:05~

伊波杏樹とも一緒にやるらしい。すごい。

 

フィギュア作るために教師やめたオタクのこだわりというか執念というか、とにかくオタクっぽくてちょっと良かった。でも別になくても……。

 

お知らせ

お知らせがあった。

 

エンディング

無難エンディングだった。

 

総合

降幡愛の愛称がプになりかけたのはちょっと面白かった。これは全く別の芸人のラジオでのネタが関係しているので他の人がどう思ってるのかは知らないけど。でも今回はやっぱり3人の花粉症情報が一番良かった、これは無視できないポイントだと思います!

というわけでまとめると「女性声優のアレルギー情報回は貴重」です。

 

 

 

第103回

 

オープニング

 3回目にしてすでに慣れたオープニング(生放送とかもやってるから当然だが)。102回から始まったタイトルコールの後にわいわいわいがついているが、本来それに合わせて動きがあるらしいのだが、ラジオなので全く伝わらない。ラジオやぞこれは。

もうすぐエイプリルフールという話題に。斉藤朱夏は嘘をつくのが下手情報が語られる。

 

浦の星女学院 投書箱のコーナー

毎度おなじみおもしろ0のコーナー。まだまだ愛称候補が届いているとのこと。もうわいわいわいでよくないすか……なんて思ってたらわいわいわいに決定。よかった。

 

・斉藤朱夏はカタカナが苦手 09:36~

正式に愛称に決まったわいわいわいの表記はひらがなカタカナアルファベットのどれ?というはがきに対して、斉藤朱夏が「カタカナ私苦手だし」と小声でつぶやいたのを降幡愛が聴き逃さず拾っていた。流石。逃がしてやれと慈悲の心を見せる小林愛香を他所に容赦なく詰め寄る降幡愛。

「書くのも苦手だし読むのもホント苦手なのカタカナ」と斉藤朱夏。宇宙人語に見えるそう。ひらがなは良いのかという小林愛香の質問にひらがなだったらいけるしなんなら可愛くもかっこよくも書けると自慢げに言うところも良い。子供っぽくて。

実際に書いて見せるも声だけでは伝わらず。ラジオやぞこれは。

ということもあって、表記はひらがなに決定。

 

元気全開DAY! DAY! DAY! / CYaRon!

 

スクフェスチャレンジ

早口言葉を言うコーナー。小林に厳しいという感想。

 

面舵!取舵!ヨーソローゲーム

二択のお題を出され、みんなの選択が合うとセーフ、1人だけ別の選択肢を選んでしまったら罰ゲームというコーナー。

小林愛香が早速罰ゲームになり、次のお題の間セクシーマダムキャラでいくというもの。ねっとりした声でねっとりしてた。

 

・斉藤朱夏は運動会で目立ちたい 23:46~

2問目が「リレーでは最初か最後どっちを走りたいか?」というお題で、降幡愛・小林愛香は最初、斉藤朱夏は最後という結果に。降幡愛と小林愛香が最初の方がまだ取り返しがつくという理由なのに対し斉藤朱夏は「それを挽回するのが良い」とカッコいい理由。完全に挽回できる人間の発想だ。

運動会ではとにかく目立ちたいらしく高校時代には全種目に出たほど。それはそれとして罰ゲームではある。アントニオ猪木のモノマネではがきを読む羽目になったとさ。

 

・降幡愛が可愛いと思ってしている行動 26:20~

3問目で罰ゲームを受けることになった降幡愛。さっきまでの2つと違い、「自分が可愛いと思ってやっていることを発表」というガチの罰ゲームっぽいものを引いてしまう。

自分はそういう立ち位置じゃないと前置きしつつ、笑い方は可愛さを意識しているらしい。

次にライブ中の顔じゃないかという2人の指摘があり、それはそうと回答。あるライブで聖なる日の祈りを披露するとき、カメラの位置を覚えたこともありカメラに向かって渾身の可愛いポーズや表情をやっていたと告白。必見だそうで確かに見たいけどどのライブかは不明。沼津でやったライブのどれかだと思うけど。本人はつらそうだったけどこっちとしては良い罰ゲームだった。

 

・斉藤朱夏は寒いのがマジで無理だが…… 28:44~

住むとしたら寒い国か暑い国どっちに住むかというお題で、1人だけ暑い国を選択した斉藤朱夏。寒いのは着こめばなんとかなるという2人に対しそんなもんじゃ無理と寒いのを拒否するが、「寒いから花粉とかないぞ」という魅力的な条件を突き付けられ一瞬で寒い国の方が良いと意見を変える。花粉症が弱点の女性声優、良いですね。

あとこれはおまけだけど斉藤朱夏が罰ゲーム決まったとき降幡愛がえぐいのこいえぐいのこいって言いまくっててそこも良かった。

 

お知らせ

お知らせがいろいろあった。

 

エンディング

エンディングだった。

 

総合

新コーナーがそこそこ良かった。これからの罰ゲームの内容にもよるけど期待はできる。お知らせの時間が少しワイワイするように変更したのは良いと思う。どうしてもだれるところなので勢いでごまかしていくべき。前回と今回で斉藤朱夏がかなり目立っていた。逆に小林愛香がちょっと大人しいのでもっと騒いでもいいと思う。降幡愛はそのままで行こう。

というわけでまとめると「斉藤朱夏回」です。

 

 

飽きなければこれからも3回分ずつで更新していきます。

松浦果南は本当にシーシェパードなのか?

www.murahachibu.net

このエントリで彼女が同団体のメンバーである可能性を書いている。自分でもそこそこ説得力があると思っているが、最近別の考えが出てきた。

 

 

www.sankei.com

 

この記事を見るとわかる通り、シーシェパードはイルカのいる水族館を否定している。この否定が水族館という存在そのものへなのかはわからないが、とにかくイルカのいる水族館を明らかに敵視している。この団体の活動内容からすれば当然だ。

しかし、私達がメンバーだと思っていた松浦果南は、実は水族館に関しては意見が違う可能性がある。

www.murahachibu.net

鞠莉「エキサイティーング! イルカショーって何度見ても最高!」

(鳴き声)

果南「そうだね鞠莉。イルカが泳いでるのを見るだけで、なんだか癒されるよ。不思議だよね」

偶然にも文字起こしをしていたドラマパートで、偶然にも彼女の引っかかる発言があった。見てわかるように、彼女は水族館のイルカショーを見て、純粋に楽しんでいるのだ。

ダイヤ「こんなに近くで、何故イルカプールが2つもありますの!? おかしいですわスッキリしませんわ!」

鞠莉「あー、ダイヤのスッキリしないってそういうことだったんだ」

果南「けど、別にいいんじゃない? 近くに2つあっても」

このように、イルカがいる水族館が近隣に複数あっても問題はないとも言っている。シーシェパード的に考えると、これはあり得ない発言といえる。

伊豆・三津シーパラダイスもあわしまマリンパークも、ほとんどのイルカの入手経路は太地町から購入したもので、その太地町は追い込み漁でイルカを捕まえている。ややこしくなるのでこれ以上は触れないが、とにかく、シーシェパードとしては断じて許せない行為のはずだ。

そのはずなのだが、彼女はむしろ好意的に見ている。この情報だけで疑いが晴れたわけではない。しかし、もう少し深く調べるべきで、メンバーであると断定するのは早すぎるということも分かった。

 

私は、彼女がシーシェパードだと決めつけたいわけではなく、そうならそう、違うなら違うという答えがほしいだけなので、最初に載せた自分のエントリの否定とも取れるこのエントリを書いた。あくまで中立でありたい。

これからもこの説については調べ続けていく所存である。

女性声優の百合営業についての個人的なこと

僕は女性声優の百合営業が好きだ。
この百合営業問題は、いろいろと厄介なところではある。語る人自体は少ないがそれ故語るやつの面倒くささは半端ない。
なので、面倒くさい全体は置いておいて、僕個人の女性声優の百合営業観について書いていこうと思う。

 

2018/3/10に幕張メッセで行われたラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 〜 Landing action Yeah!! 〜。このライブイベントの中で行われた、目隠しをして相手を抱きしめ、それが誰かを当てるというゲーム。
これをアニメでのAqoursメンバーがやっていると考えると、明らかに百合で、誰もがそう見るだろう。しかし、女性声優がやるとなるとどうなるか。

 

「女性声優は同性愛者じゃないだろうし、営業だろう」

「百合営業が人気だから仕事としてやらされているだけ、可哀想」

 

女性声優の百合営業に否定的な人はこういったことを言うだろう。確かにこれ等の意見は間違っていない。僕も多くの女性声優がレズビアンであるとは思わない。確率的にありえない。むしろ声優にいたるまでに通る業界を考えると男好きの方が多いだろう。これは関係ないことだけど。

でも、それでいい。僕はそれでいい。彼女達の性的指向は見ていない。

要するに、内面は全く関係ない。僕はただ、仲良さげに抱き合う鈴木と諏訪。相手の体を触り特徴を言い当てて当然という顔をする伊波と斉藤。いやらしい手つきで相手をまさぐる鈴木、明らかに胸や太ももの際を触っていた鈴木……この数々の女体同士の絡みを、今この世界で実際に事実として僕の目が確認して脳に保存した。もし彼女達が抱き合っている時に「なんで女同士で......」「仕事だからしてるけど、本当は嫌」なんて考えていても、僕にはどうでもいい。
僕が好きな女性声優二人の肉体が、僕の見えるところで、抱き合い、触り合い、絡み、それを楽しんでいる(少なくとも表面上は)。それを見て僕は興奮し満足する。それでいい。

フォロワーのオタクと電車でしていた何気ない会話が元でこの記事は書かれた。人と話すというのは、自分の中にある感情を言語化することになるので、重要なものだとつくづく感じる。ていうか電車内で女性声優の百合営業について会話するオタク二人なんだよ、キモいわ。

名古屋港水族館

名古屋港水族館に行ったので。

 

 

ペンギン

今回はケープを見た。暑いところに生息するペンギンなので外で飼われている。

f:id:y45:20180206193632j:plain

f:id:y45:20180206193804j:plain

f:id:y45:20180206194232j:plain

f:id:y45:20180206194231j:plain

 

これは前回行った時のもの。

f:id:y45:20180206193907j:plain

f:id:y45:20180206193849j:plain

 

 

 

クラゲ

f:id:y45:20180206194415j:plain

f:id:y45:20180206194441j:plain

f:id:y45:20180206194811j:plain

f:id:y45:20180206194857j:plain

f:id:y45:20180206194938j:plain

恋になりたいAQUARIUMじゃないんだから。

 

 

 

ベルーガ

f:id:y45:20180206194043j:plain

f:id:y45:20180206194245j:plain

白い。

 

 

アザラシ

f:id:y45:20180206195611j:plain

f:id:y45:20180206195623j:plain

f:id:y45:20180206195737j:plain

f:id:y45:20180206195757j:plain

かわいい。

 

 

イルカ

f:id:y45:20180206191820j:plain

f:id:y45:20180206191901j:plain

f:id:y45:20180206191911j:plain

f:id:y45:20180206191925j:plain

生まれて160日くらいの子どもがいて可愛かった。ずっと親について行ってて親子だな~とも思った。

前回行った時のものもある。

f:id:y45:20180206191713j:plain

f:id:y45:20180206191743j:plain

f:id:y45:20180206192550j:plain

f:id:y45:20180206192612j:plain

これらはフィルムカメラなのでなんとなくそれっぽい。

 

 

 

シャチ

f:id:y45:20180206192145j:plain

f:id:y45:20180206192016j:plain

f:id:y45:20180206192246j:plain

f:id:y45:20180206192257j:plain

f:id:y45:20180206192726j:plain

メスでも子どもでもカイデーで大迫力。写ってんのは全部子どもの方で、母親の方はこのトレーニングの前にイルカと喧嘩になって負けてへこんでそれどころではなかったらしい。シャチにも敗北あるんだ。

このプールのさらに奥にオスがいるけど、場所が場所なのと、彼自身あまり水面に出てこないのもあり今回は撮れなかった。

前回1枚だけ撮れたものがある。

f:id:y45:20180206191756j:plain

約5億で鴨シーから購入予定らしいけど、どうなるんだろうね。

小牧基地専用線

行ってきたので。

 

場所は名鉄小牧線の春日井駅と牛山駅の間。

 

f:id:y45:20180203185305j:plain

f:id:y45:20180203185811j:plain

かなりはっきり残っているもで楽しい。

 

 

 

f:id:y45:20180203185236j:plain

枕木もところどころに残っている。

 

f:id:y45:20180203185237j:plain

はい。

 

 

f:id:y45:20180203185307j:plain

すぐ近くに名鉄線がある。良い感じ。

 

 

道路を挟んで反対側(小牧基地側)にも残っている。

f:id:y45:20180203190013j:plain

デコボコ。

 

 

f:id:y45:20180203190510j:plain

年季の入ったやつ。

 

 

f:id:y45:20180203190029j:plain

分岐点。

 

 

f:id:y45:20180203190112j:plain

f:id:y45:20180203190453j:plain

f:id:y45:20180203190543j:plain

線路は続くよどこまでも感がある。

 

 

f:id:y45:20180203190559j:plain

自衛専用。昭和36年3月らしい。

 

 

f:id:y45:20180203190555j:plain

f:id:y45:20180203190509j:plain

さらに進むと基地に当たって行き止まり。ぶった切られてた。基地の中のやつは撤去されてるらしい。

 

 

おまけ

f:id:y45:20180203190508j:plain

近くにある。

渡辺曜ジェイソンステイサム説

根拠がある。

 


どちらも肉体派

ご存知の通り渡辺曜は体を動かすことが得意で、本人も好んでいる。それはG'sでもアニメでも変わらない共通の設定で、運動神経が良いことがわかる描写も非常に多い。

それではジェイソン・ステイサムはどうか。

彼はアクションスターで、多くのアクションを得意とする俳優が呼ばれているエクスペンダブルズシリーズに、シルベスター・スタローン演じる主人公の最も近い相棒の役で出演している。そんな彼は、当然、運動神経抜群だ。



特技

渡辺曜の特技、体感天気予報という特殊なものもあるが、多くの人が思い浮かべるのは飛び込みだろう。彼女は子供の頃から飛び込みを習っていて、その実力はナショナルチームに呼ばれるほどだ。さらにその飛び込みの実力を認められたのか、飛び込み競技の強豪・中国のイメージガールにも選ばれている。

f:id:y45:20180125003527p:plain

 

それではジェイソンステイサムはどうだろう。

実は彼、俳優になる前に飛び込みの代表選手として大会に出ているのだ。

www.bbc.com

youtu.be

この大会は、イギリス連邦のみでの大会ではあるが、代表レベルというのは間違いない。

 

 

 

 

一致


一致。

 

 

黒澤ルビィの名前改変ツッコミ集

毎日数回シコっている渡辺曜に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ渡辺曜じゃないですね、マスタベションですね」

 

エッチの時は彼女に必ずフェラさせる松浦果南に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ松浦果南じゃないですね、まずフェラからんですね」

 

舐めるのが好きな国木田花丸に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ国木田花丸じゃないですね、クンニした股丸ですね」

 

アナルが大好きな桜内梨子に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ桜内梨子じゃないですね、まずは尻イこですね」

 

座ってエッチするのが好きな小原鞠莉に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ小原鞠莉じゃないですね、もっぱら座位ですね」

 

放尿プレイをする津島善子に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ津島善子じゃないですね、漏らしたおしっこですね」

 

ゴムはつけないけど避妊はしたい黒澤ダイヤに対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ黒澤ダイヤじゃないですね、抜いてから出したですね」

 

いつも松浦果南のフェラ要求に応じる高海千歌に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ高海千歌じゃないですね、マラ舐めたですね」

 

巨乳に目がないセイントスノーに対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれセイントスノーじゃないですね、ボインでウオーですね」

 

フェラが下手の鹿角聖良に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ鹿角聖良じゃないですね、まずいのフェラですね」

 

エッチなことが嫌いな鹿角理亞に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ鹿角理亞じゃないですね、ヤるの嫌ですね」

 

太ももがめちゃくちゃエロい高坂穂乃果に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ高坂穂乃果じゃないですね、超エロももがですね」

 

園田海未を一瞬で射精させる南ことりに対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ南ことりじゃないですね、締り良すぎですね」

 

早漏すぎる園田海未に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ園田海未じゃないですね、早漏だ君ですね」

 

勝負下着が苺柄の西木野真姫に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ西木野真姫じゃないですね、苺のパンティですね」

 

花陽に迫られると断り切れない星空凛に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ星空凛じゃないですね、押し弱インですね」

 

休みの日に8回ほどシコっている小泉花陽に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ小泉花陽じゃないですね、使いすぎマラをですね」

 

明らかにドエロい母親がいる矢澤にこに対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ矢澤にこじゃないですね、ママがシコですね」

 

人妻のような雰囲気を持ち始めた東條希に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ東條希じゃないですね、とうとう子持ちですね」

 

AVにすぐ影響されて同じプレイをしたがる絢瀬絵里に対しての黒澤ルビィのツッコミ「もうこれ絢瀬絵里じゃないですね、あーやって良い?ですね」

ようちかの悲しいダジャレ4

前回

www.murahachibu.net

 

千歌「ノリ食ってノリノリ いよいよ貯金が尽きたけど」

曜「何やってんだよ、現実見ろよ」

 

千歌「今寿司食ってますし 最後の晩餐のね」
曜「死ぬのかよ」

 

千歌「バイクでバー行く タダ働きだけど」
曜「ブラックかよ」

 

 

千歌「たくあんがたくさん 全部腐ってるけど」
曜「たくさんすぎるんだよ」

 

千歌「サバをさばく 執行猶予付きで」
曜「そっちのさばくかよ、魚類なのに」

 

千歌「サメが冷めた 私のダジャレで」
曜「魚類すらかよ」

 

千歌「ハエがはえ〜 でも所詮虫か」
曜「褒めたまま終わってやれよ」

 

千歌「カッパが活発 もうすぐ死ぬけど」
曜「何が起きるんだよ」

 

 

千歌「ドリアを取り合う 食品サンプルなのに」
曜「虚しい争いだよ」

 

千歌「素敵なステーキ 一生食えないけど」
曜「いつか食えるよ、頑張れよ」

 

 

千歌「アザラシが野ざらし もう用済みだから」
曜「なんでだよ、いつまでも可愛いよ」

 

千歌「マックが真っ暗 私のせいで」
曜「何してんだよ」

 

千歌「朝に漁る ゴミ捨て場を」
曜「カラスかよ」

 

千歌「ふとんがふっとんだ ダンボールだから」
曜「ホームレスかよ」

 

千歌「佐賀と差がない あの佐賀ごときに……」

 曜「佐賀の評価が低すぎるよ」

 

千歌「これチャウチャウちゃうやん! せっかく20万円出したのに」

曜「ひどい詐欺だよ、ちゃんと確認しろよ」

 

千歌「村井さんは侍 38歳で無職だけど」

曜「働けよ、時代間違えてるよ」

 

千歌「経堂で共同作業 私は経堂に立ち入り禁止だけど」

曜「何やらかしたんだよ、よっぽどだよ」

 

千歌「カタールで語る 誰も聞いてくれないけど」

曜「そりゃそうだよ、言語違うよ」

 

千歌「神社でジンジャーエールを飲む これが最後の晩餐だけど」

曜「どうしたんだよ、ていうか晩餐がジンジャーエールってなんだよ」

 

 

千歌「海に向かってシーッ!と叱った 難破してるから」

曜「手遅れだよ、何ちょっと余裕ぶっこいてんだよ」

 

千歌「栗を踏んでびっくり リアクションで崖から落ちた」

曜「大げさすぎるよ、大惨事だよ」

 

千歌「キューバでスキューバダイビング お金がないからスキューバはない状態で」

曜「じゃあ違うよ、ダイビングだよ」

 

 

千歌「冬に備えてウィンカーを買った まあ車持ってないんですけど」

曜「意味ないよ、おかしいよ買う順番が」